30代後半のアラフォーが「30代にしておきたいこと」5選

LIFE
スポンサーリンク

本田健さんの「30代にしておきたい17のこと」を読みました。

自分の可能性が幻想的に開くのが10代。

それを試しながら失望していくのが20代。

そして30代は、希望と絶望の狭間にいます。

今回は、30代後半のいわゆるアラフォーが

「これもやっておくべき!」と感じることをまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

「すべてを手に入れることは不可能」だと知る

30代になると「やりたいことをすべてやる時間はないな」と感じます。

逆にいえば、何が手に入るかを計算できるのも30代です。

人生の90パーセントは30代で決まります。

30代で感じたこと、決めたこと、行動したことが、残りの人生をつくります。

60歳以上の成功者の多くが「人生の基盤づくりの最も大切な10年が、30代だった」と語っています。

20代で色々な体験をして、パートナー、仕事、住居と、人生で最も大切な3つを選ぶのが30代です。

30代は人生を劇的に変えられる最後の10年といえます。

お金と真剣に向き合う

30代で、自分の「お金の人生」はおおよそ決まってしまいます。

成功する人は、20代でその片鱗を見せていて30代で何らかの結果が出ています。

30代のときに「一生食べていける資産を40代でつくれている自信」がなければ

将来、経済的自由を得るのは難しいです。

30代で、いまの収入をどこまで伸ばすつもりなのかを考えてみましょう。

堅実な生活をするのか、積極的に投資したりスキルを磨くのか、決めなければいけないのが30代です。

大切なのは「何があっても、これをやったら食べていける」という自信があるかどうかです。

自分の居場所を決める

自分の居場所を探すのが20代、自分の居場所を決めるのが30代です。

それは「仕事でいうと専門分野」「家庭やコミュニティーでの居場所」かもしれません。

30代にうちに「この分野で生きていくんだ」という方向性を定めることが大切です。

20代のうちは、自分の立つ場所を決めることができません。

でも30代になったら、とにかく一つ決めてみる。もし違ったら次に行けばいいのです。

成功するタイプには「目標達成型」と「展開型」があります。

「目標達成型」…目標を打ち立てて、それに向かって成功する人。

「展開型」…何も考えずに目の前にあることに打ち込んでいくうちに、チャンスに恵まれて成功していく人です。

自分のタイプに合ったやり方で、自分の居場所をつくりましょう。

年齢の離れた友人を持つ

「3つの運を持ちなさい」

①上から引っ張り上げてもらう運

②横から支えてもらう運

③下から持ち上げられる運

自分よりも20歳、30歳上の人とお付き合いすると、「自分の将来はどうなるのか」未来のシュミレーションが沸くはずです。

色々なパターンを見ておくと「自分はどれで生きたいのか」を考える良いヒントになります。

また「年下の友人をたくさん持つこと」で忘れていた情熱を思い出したり、清々しい気持ちになります。

大好きなことを仕事にする

「自分の好きなこと」を見つける簡単な方法は

目の前の選択肢から、いつもワクワクすること、怖いけど楽しそうなものを選ぶこと。

そうすれば、次の面白いことが芋づる式で見つかり、楽しい人生が待っています。

20代なら、すべての仕事は良い経験として将来につなげることができます。

しかし、30代以降も嫌いな仕事を続けていては大切な部分が蝕まれていきます。

大好きなことをしている人は幸せになれるし、その周りの家族や友人、仕事仲間も幸せになります。

あなたは何をやると、心からワクワクできますか?

まとめ

✅「30代後半のアラフォーがすべきこと5選」をまとめました。

・「すべてを手に入れることは不可能」だと知る

・お金と真剣に向き合う

・自分の居場所を決める

・年齢の離れた友人を持つ

・大好きなことを仕事にする

参考にしていただければ幸いです。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました