【ミニマリスト】幸せになるためにやめたこと10選

LIFE
スポンサーリンク

どーも!すえきちです。

私は、毎月の生活費10万円で1人暮らしをしているミニマリストです。

・収入が増えるほど支出も増える(パーキンソンの法則)

・欲望には際限がない。

・Less is More(より少ないことは、より豊かなこと)

これらの言葉に刺激され、多くのモノを捨て、シンプルな生活を心がけています。

今回はミニマリストになった私が「やめて良かったこと10選」をご紹介します。

スポンサーリンク

朝ごはん

「一日3食しっかり食べる!」が健康だと思ってました。

しかし、多くの研究では「プチ断食」「オートファジー」「腸活」など、あえて何も食べない空腹の時間をつくったほうが健康に良いことがわかっています。

【空腹が健康に良い理由】

・空腹によって内臓を休めることで、内臓の疲れがリセットされて、より活発に働く。

・人間の体は、空腹で栄養が足りなくなると、体内の余分な脂肪をエネルギーに変える。

・空腹による体内エネルギーの消化で、古くなった細胞が除去され、新しい細胞が生まれる。

このような効果を得るには、最後にものを食べてから16時間を空ける必要があります。

私の場合は、前日20時までに夕食を済ませ、翌日の12時まで何も食べないことでピッタリ16時間の空腹状態を確保しています。(コーヒーや水は飲んでもOK!)

朝ごはんをやめると、体調は良くなり、空腹で仕事中に眠たくなることもないのでおすすめです。

Instagram

プライベートのInstagramはやめました。

Instagramは、他人に幸福度を見せびらかすためのツール

~しました。~に行きました。~を買いました。

他人の自己承認欲求を満たすための投稿で溢れかえっています。

そんなどうでもいい投稿は、自分の人生に良い影響は何もありません。

「それに比べて自分は…」と悲しくなってしまうのがオチ。

Instagramをやめて、自分の大切な時間を有意義に使いましょう。

現金での買い物

現金払いで良いことって何かありますか?

・誰が触ったかもわからない現金は汚い。

・小銭が重い。

・いつ何にお金を使ったか記録が残らない。

支払いはクレジットカード・スマホ決済にしましょう。

【クレカ・スマホ決済が良い理由】

・カードやスマホは清潔で軽い。

・決済記録が残るから、すべての支出を把握できる。

・支払った金額分のポイントが貯まる。

私の場合は、楽天カード支払いでポイントを貯めて、貯まったポイントでお得な買い物をしています。

財布を持ち歩く

財布を持ち歩くことをやめました。

男性が外出で必要なものって少ないです。

・クレジットカード
・運転免許証
・スマホ

・現金(お札)

この4つをスマホスタンドMOFTの収納に入れています。

これさえあれば、スマホ1つでお出かけできます。

食材を買うなら、ポケットにエコバックを入れておけばOK。

テレビ

スマホやタブレットで良くないですか?

テレビは場所を取るし、電気代(1日あたり約20円)もかかる。

BGM代わりにテレビをつけてボーっと見る、いつの間にか時間が過ぎている。

だったら、見たい番組をスマホやタブレットのアプリでみるほうが効率的です。

スマホ・タブレットで代用すれば、テレビの掃除はいらないし、引っ越しも楽です。

ムダな飲み会

人付き合いも断捨離が必要です。

私は、誘われて行くかどうか悩む飲み会には行きません。

行かない理由は

・お金と時間がもったいない。
・次の日に疲れが残る。

・お酒と食事が健康に良くない。

一方、参加したい飲み会は

・これからも長く付き合っていきたい人との飲み会。
・新しい出会いがありそうな飲み会。

気兼ねない友人との飲み会に参加して、ワイワイするのも楽しいですが

月に一回、息抜き程度が私にはちょうどいい気がします。

夜更かし

睡眠不足は人生の大敵です。

夜更かしした翌朝の寝起きって最悪ですよね。

結局は睡眠時間の前借りなので、翌日の睡眠時間で返済しなくてはいけません。

翌日のパフォーマンスは、前日の睡眠で決まります。

睡眠時間はしっかり確保して、活動時間の質を上げるのが良いですね。

服を選ぶ

他人はあなたの服装を覚えていません。

ある研究で「1週間同じ服を着て過ごしても、他人は気づかない」という結果を知って

だったら、毎日同じ服で良くない?と思い、基本同じスタイルの服を着ています。

毎朝、何着ていこうかな?って悩んでいる時間が無駄です。

服にお金をかけるといくらあっても足りませんし

その費用を筋トレや食事に充てて、スタイルを良くすれば何を着てもオシャレに見えます!

安物を買う

昔の私は、買い物が下手でした。

・メルカリで安く買った商品がすぐ壊れる。
・セール品で買った服をほとんど着ない。
・安く買った自転車の修理代で大金を払う。

目の前の金額をケチったことで、よく損をしていました。

まさに「安物買いの銭失い」

買い物上手になるために

・使う頻度や期間を考える。
・基本的にセール品は買わない。
・衝動買いを防ぐために、買うまでの時間を長くする。

これらに気を付けて、モノを買うようになりました。

お気に入りのモノだけで生活することで幸福度もUP!

予定を詰め込む

休日に予定を詰め込むことをやめました。

昔の自分は、暇な時間ができることが怖かった。

あぁ明日ひまだ。何かしないと、、友達を誘ってご飯でもいこう。

休日はとにかく予定を入れて、お金と時間を浪費。

忙しい自分に酔いしれていました。

けど今は、何も予定のない日に

・ジムに行って運動
・本を読む
・映画をみる
・ブログを書く
・料理をする

充実した1日を過ごせるようになりました。

1人の時間を楽しめるようになれば、人生はもっと楽しくなります。

まとめ

以上、私がミニマリストになってやめて良かったこと10選をご紹介しました。

朝ごはん抜きのプチ断食で、体の調子が良くなった。

Instagramをやめて、自分の人生に向き合うようになった。

現金での買い物をやめて、お得に家計管理ができた。

財布を持ち歩くのをやめて、心も体も身軽になった。

テレビをみるのをやめて、ボーっとする時間が減った。

ムダな飲み会をやめて、時間とお金の浪費が減った。

夜更かしをやめて、睡眠の質を上げて毎日が充実。

服を選ぶことをやめて、忙しい朝の時間を有意義に。

安物を買うのをやめて、物の価値を見極めるようになった。

予定を詰め込むのをやめて、人生楽しくなった。

今の生活に満足していない。と思うのであれば

何かをやめることをおすすめします。

断捨離することで、新しいことを始める余白を作りましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼参考図書
手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法
月10万円で より豊かに暮らす ミニマリスト生活
ミニマリスト、41歳で4000万円貯める そのきっかけはシンプルに暮らすことでした。

▼関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました